北海道江別の病院。当クリニックは、患者様の立場に則して、地域に密着した透析医療を目指しております。

ご挨拶

ご挨拶

当クリニックは「外来維持透析」を受けながら、「生涯地域生活の継続」と「健康寿命」を重視した医療の提供を目指しています。そこで私たちスタッフ一同は、長年において透析医療現場に関わってきた経験を活かし、多くの透析患者様が望まれる、御自宅から長く通院できる状態を継続しながら、健康寿命を維持していくことを少しでもお手伝いしていきたいと考えております。安全性と信頼性を大切にした透析医療を通じて、患者様の健康と前向きで明るい社会生活を支えるために、患者様はもちろん、ご家族の皆様そして地域の方々とともに歩んでまいります。

院長経歴

昭和49年3月 弘前大学 医学部 卒業
昭和49年4月 北海道大学医学部付属病院 第1外科 勤務
以後、苫小牧市立総合病院、
北海道大学医学部付属病院、
小樽市立総合病院、
幌南病院、南一条病院 勤務
昭和62年11月 渓和会 江別病院 勤務
平成29年〜 現在に至る

・日本外科学会専門医
・日本消化器外科学会指導医

理念

患者様一人ひとりが、自分らしく健康的で生き活きとした生活を過ごすことができるように、ご家族と一緒に考え、支えあいながら、地域に根ざした医療を提供します。

シンボルマーク(当クリニックの目指す医療)の意味

中心に描かれている、大地(地域)にしっかりと立つ「樹木と人」のイメージには、患者様が「自分らしく健康的で生き活きとした豊かな人生」をおくるために、「幸福感」という緑の葉を一つひとつの枝に生い茂らせ、しっかりとご自身の腕でつかむ「充実感」を感じていただきたいというスタッフの願いを込めています。また、樹木に繁った葉と「ふたつの腎臓」を重ね合わせながら、常に患者様とご家族の思いを中心に考え、優しさと安心感を大切にした透析医療を提供していきたいとの当クリニックの決意も表しています。

お気軽にお問い合わせください TEL 011-398-5511  

PAGETOP
Copyright © 北孔会 のっぽろクリニック All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.